闇金の意味・DM(ダイレクトメール)など闇金融の手口

闇金の意味とは?DM(ダイレクトメール)など闇金融の手口

危機的状況の中で何としても借入しなければならない場合、つい甘い謳い文句につられて悪徳業者に手を伸ばしてしまう人もいますよね。俗にいう闇金とは一体どんな意味でどのような手口を使って契約にこじつけるのでしょうか。

 

まず基本情報をさまざまなルートからメールアドレスやデータ、名簿リストなどから買い取るようです。絞られるのはサラ金から融資を受けられない多重債務者など“ブラック”と呼ばれる契約者や破産状況に陥った人で、選ばれてしまった場合にはダイレクトメールを郵送されるのです。もちろん、常識的な知識からすれば記載しているDM内容を丸呑みにはしないでしょうが生きるか死ぬかの選択を迫られているとしたら手元にある藁にすがりつきたくもなるはず。闇金とはターゲットを絞り込むと恐ろしく執念深いのである意味“アリ地獄”のような存在とも言えるわけです。

 

闇金融は法外な利息を請求するのはよく知られていますよね。申し込みさせる為に高額融資・長期一本化・誰でもOK・無担保などをアピールしますが実際のところ契約時にヤミ金業者が有利な条件へとすり替えられるもの。あとは返済期日を過ぎると恐怖の取立てが始まります。借金した自分以外に家族やパートナー、会社に害が及ぶ可能性が高いのです。闇金とはメリットをデメリットへ強制的にスライドさせる違法な貸金業。債務を工面するために闇金融で返済を考えるのは危険です。逃げ切る事はまず困難なので安全かつ安心な借り入れ方法を利用しましょう。

 

⇒闇金の無料相談窓口こちら!