闇金融から逃げる方法(,夜逃げ・踏み倒し・借り逃げ)

闇金融から逃げる方法(,夜逃げ・踏み倒し・借り逃げ)について

趣味・家計・事業経営・賭博など何かにつけて入用は発生します。昔でいう箪笥貯金やヘソクリがあるならともかく、すぐに大金用意できる人は少ないのではないでしょうか。何度も消費者金融を利用するうち多重債務者となり“ブラックリスト”にあげられてしまうと闇金が頼みの綱と考えてしまい、契約後は取り立てで精神的に参ってしまう人も。

 

申し込みの際には必ず返済できると思うかもしれませんが、法外な利息により雪だるま式に借金が増える人が後を絶ちません。しかし、闇金は出資法違反なので借り逃げ(借りパク)が可能なのはあまり知られていないのではないでしょうか。闇金融は都道府県知事や財務局長の登録なしで密かに営業を行っていますから法のもとで戦えば借り入れした側(債務者)は勝ちを得ることができるのです。業者の回収があまりに執拗で踏み倒したくなるほどの莫大な借金に膨れ上がっていたとしても、元本ですら支払いは不要なのですよ。電話攻撃や会社訪問、嫌がらせなどの取り立てで夜逃げしか逃げる方法がないと思い詰めてしまうパターンもあるようですが、実は堂々としておけばいいのです。しかしながら闇金という犯罪者グループに真正面から対峙する事はかなり危険を伴いますので踏み倒し・借り逃げは専門家を介入して慎重に行わなければなりません。

 

確かに、プロにサポートしてもらえば借り逃げは可能となりますが、辿り着くまでに恐怖の毎日を送るわけです。もし、闇金で申し込みをしてしまったのなら早急に法律事務所等にご相談ください。

 

⇒闇金融対策・解決方法アドバイス