闇金融の銀行口座(凍結・解除)

闇金融の銀行口座(凍結・解除)について

借金しなければ物事が前進しない時ってありますよね。「とりあえずちょっとだけ借りよう」と安易な気持ちで闇金に手を伸ばしてしまうケースが後を絶ちません。危険だとは分かっていても数日後に給料日があればすぐに返済できると考えるかもしれませんが、闇金融の年利だけでなく執拗さも覚えておきたいもの。

 

もし、闇金融で借入をしてしまい嫌がらせを受けている場合の解決方法はいくつかあります。その中の一つが銀行口座の凍結なのです。闇金は出資法違反にあたる経営を行う犯罪者集団。ですので、営業状況や形態を公には出来ません。代表者名や住所が記載されていないのは情報を特定される事を恐れるから。電話番号も同様に、固定ではなく携帯電話が連絡先であれば店舗を持っていない証拠となるので闇金の可能性が極めて高いといえます。そのヤミ金の振込む為の口座を封鎖することによって入出金出来なくなるわけです。銀行口座凍結手続きは金融機関についての法律で定められた規定に法って弁護士や司法書士に依頼することができます。また、逆に闇金に自分の銀行口座を教えていて警察介入の際取引停止措置として口座が使用できない状態にされる場合がありますが、きちんと説明し書類提出により解除も可能なのだとか。

 

闇金と契約者をつなぐ銀行口座とお金。取り立てがあまりにも酷くなり「とにかくまず返済しないと」と精神的に追いやられた状態では考えてしまうかもしれませんが利息どころか元本も返さなくていいのです。冷静になり正しい対処をしたいところですが、感情ある人間ですからそうはいきません。専門家にサポートしてもらい明るい未来を見つめましょう。

 

⇒闇金融対策・解決方法アドバイス