闇金融の業界・専門用語(出し子・整理屋等)

闇金融の業界・専門用語(出し子・整理屋等)について

闇金融は法律に守られている国民の水面下で暗躍する犯罪者集団。近年では、詐欺グループが業者となって債務者から借金をむしり取る手口が知られるようになってきました。ただ、決定的な証拠がないと警察も動く事が困難なようです。足がつかないように工夫をしているわけですが、それでも返済額の受け取りをしなければいけません。

 

振り込まれた金額の引き出し専門役にあたるのが出し子です。万が一刑事の張り込みがあった場合トカゲの尻尾切りのごとく使い捨てに使うのだとか。

 

整理屋という業界用語も覚えておきましょう。借入している人の借金を整理するという意味になります。ただ、手助けしてくれるのかというと真逆で債権者との仲介金や法的手続きの手数料などと嘘をつきお金をだまし取る存在。

 

一度闇金利用した個人情報から口座番号を入手し依頼したわけでもないのに元本プラス利子の請求をして断る人を脅迫して請求するやり方が押し貸しです。つい電話攻撃に恐怖を感じ支払ってしまう人がいるかもしれませんが未契約なので義務はありません。

 

追い込みも聞いたことがある専門用語かもしれませんが、いわゆる取り立ての事です。回収方法に手段を選ばないので危険なのはお分かりでしょう。

 

最後に金主ですが、ヤミ金起業の為に資金提供をするスポンサーの事を指します。考えてみれば、何の利益にもならない業者に経営資金を渡すわけではありませんので収益の一部が裏社会のボス的立場に該当する者に渡っている可能性も。

 

ちょっとした業界用語というのを知っていると知っていないのでは前者の方が有利に働くことも。闇金業界の専門用語について認識を深め、悪徳な手口に乗らないように注意したいところです。

 

⇒闇金の無料相談窓口こちら!