闇金は詐欺?犯罪?闇金融の違法性や罪名

闇金は詐欺?犯罪?闇金融の違法性や罪名・罪状・実刑について

ニュースで時折話題となる闇金。以前、ヤミ金の執拗な取り立てに苦悩する家族が電車にはねられて自殺する事件がありましたよね。人を精神的に追い詰めてまでも法外な高金利で借金返済させようとする極悪非道な犯罪者集団なのです。しかし、闇金融は裏で違法な貸金業をしているわけで表に出て完済を迫ることは出来ません。いわば“単なる契約者から借入金を搾り取るための脅し”で、もし返済が困難でも本当に罪に問われるのは詐欺を働く闇金だということを覚えておきたいもの。

 

世の中はお金が回ることで経済が活性化しますよね。消費者の購買意欲をそそる物が多い中、必要なものにお金を捻出できなくなると“貸してくれる人”を探します。事実、「金の切れ目は縁の切れ目」とも言う諺どおり、両親や友人などに借金を申し込みして関係に影響するのはイヤなものではないでしょうか。そして困った時つい闇金に走る人がいるのです。基本的に貸金業は公的な登録をして認可された業者でないと違法。利息制限法・出資法・貸金業規正法に基づいていないという罪状で実刑です。取立ての手口そのものも違法で、罪名としては恐喝罪や脅迫罪にもなりうるのです。

 

このように、社会的立場が弱いはずの金融業者が契約者の生活に不安をもたらしているかと思うとおかしな話。闇金に借りることは絶対にしてはいけませんが、もし何らかの理由で違法なサラ金から借り入れしてしまって辛い思いをしているのならプロに相談してみるといいでしょう。いくつかの選択肢から自分にぴったりの解決方法を見つけてくれますよ。

 

⇒闇金の無料相談窓口こちら!