闇金の返済方法とは?闇金融へ返せない時の返済義務

闇金の返済方法とは?闇金融へ返せない時の返済義務について

「借りたものは返す」・・・昔から親や学校の先生から一般的なルールとして教えてもらった事でしょう。しかし、借りる際に異なる条件を突きつけられたり上増しされたりするとそれは正しい約束とは言えません。闇金は提示する内容と相違する高い金利をつけて短期サイクルで返済を要求してくるのです。

 

もし、返済できない契約者がいたらどのような手段を選ぶのか。闇金融特有の威圧的な暴力的行為や嫌がらせで幾度となく催促してきます。窮地に立たされた中最後の手段として闇金からの借入をした人が通常ではありえない条件で返せないのも無理はありません。自分だけでなく保証人の親戚や友人、あるいは近隣住民や勤務先に不快な思いをさせる事態に陥ってしまうと何とか返済方法を考える事でしょう。“とりあえず”のジャンプ(利息支払いで元金返済を延期するやり方)をしてその場を凌ぐ人もいるようですが、実は闇金にとって都合のいいカモにされてしまうのです。

 

返せないから自宅で首を吊ったり高層ビルから飛び降りたり電車に飛び込んだりして全てを終わらせる必要はありません。なぜなら、ヤミ金は貸金業として認可された業者ではなく出資法違反の犯罪グループだから。届出が出来ない取り立てに返済義務はないのです。もし、執拗な脅迫に遭ったのなら周囲にきちんと説明をすること。そして、一番大事なのは専門家に相談することです。利子が雪だるま式に膨らんでしまえば返せないのは当然。闇金のストレスはプロに解決してもらうことをおすすめします。

 

⇒闇金融対策・解決方法アドバイス