闇金融対策相談で警察へ被害届を出すタイミング

闇金融対策相談で警察へ被害届を出すタイミングについて

人生を振り返ると一度は岐路に立たされて重要な選択を迫られた場面がある人もいるでしょう。自分ではどう解決することも出来なくなり優しい“救いの手”を借りたはずが後々大変な結果となるパターンだって無きにしも非ず。

 

いわゆる闇金は甘い言葉で人々を魅了し、結果的には法外な金利で契約者を苦しめる悪徳業者なのです。闇金融と理解して借金する人もいれば、本性を見破れずに借金して被害に遭ってしまう人も・・・そうなると解決をサポートしてくれる味方が必要ですよね。近年、闇金対策に乗り出して相談にものってくれる警察を利用してみましょう。財務局や都道府県への賃金業登録を行っていない不正な貸金業者なので、きっと力になってくれると思います。警察のホームページをパソコンや携帯・スマホで一度検索してみてください。生活安全課では防止・撃退方法が記載されている事もありますので参考にもなるかもしれませんよ。とにかく、自分1人ではなかなか交渉も大変ですし精神的な負担が大きいもの。出来れば、警察に介入してもらう場合は早めに行く事をおすすめします。そして、もし留守電などの音声の証拠があれば一緒に持参しましょう。家族や友人、会社に迷惑をかけるほどエスカレートしていたら被害届は早急に。

 

恐ろしい年利での貸し付けは出資法違反に引っかかるので罰則が待ち受けています。また、返済させる為に暴力があると刑法で罰せられることを念頭に入れておけば、強気で立ち向かう事が可能かもしれませんね。闇金には堂々たる態度で振る舞ってください。

 

⇒闇金融対策・解決方法アドバイス