闇金融と街金(町金)の違い

闇金融と街金(町金)の違いについて

切羽詰った時にありとあらゆる方法を探して解決に全力を尽くしたいと思うのが妥当な考えですよね。しかし、窮地に追い込まれた人間は身動き出来ないのでとんでもない過ちを犯して後悔してしまうことも・・・どの業界にも潜む悪徳業者は手を差し伸べながら甘い言葉を巧みに使い借入させるのです。しかし、グレーゾーンにあたる業者は違いが分別しにくくなかなか良し悪しの判断がつきにくいもの。

 

例えば、貸金業の闇金。“ヤミ”とつくだけあって契約すると法外な金利としつこい取り立てに恐怖の毎日を送らなければいけません。イメージ的にも良くありませんが、実際のところ闇金融は出資法で制定されている29.2%を超過する利息で貸し付けするので存在自体が違法。もちろん、契約者に暴力行為をしたり嫌がらせも法に触れることがあります。会社への電話攻撃もよく耳にする手口ですが業務妨害で警察に訴える等を伝えると効き目はあるようですね。また、違いが曖昧だとされる街金ですが、きちんと都道府県知事・財務局長登録認可のもと経営を行っている点では多少安心でしょう。街金は都市圏などいわゆる“町”で営業を行う小規模賃金業者。返済は直接事務所へ出向く方法か口座振り込み形式が一般的なようです。一応法に守られているので街金は大丈夫だという見方も出来ますが、どのような使途で資金が必要か等の審査もなく結局は高金利貸しになるので出来れば利用しないことが賢明です。

 

闇金と街金、違いはあれどもハイリスクではありますので安心安全に現金を受け取る事の可能な借り入れを心がけましょう。

 

⇒闇金の無料相談窓口こちら!