闇金融のしつこい電話・迷惑電話

闇金融からのしつこい電話・迷惑電話について

自宅や会社などにプルルルル・・・と電話が鳴って毎回ビクビクした生活を送っていませんか?闇金の執念深い取り立ては力技だけではなく精神的に追い詰めてくるような方法で契約者を苦しめてくるのです。迷惑電話が長期間続くと自分なりの解決策が“何とかして借り入れした分と利子を返済すること”と麻痺してしまいそうですが、実は一番してはいけない事だと認識しましょう。というのは、闇金融の存在自体が違法なので支払いする義務はないからなのです。

 

客にお金を貸す賃金業営業者は都道府県知事や財務局長の登録がされていなければ“無登録業者”にあたります。ですので、しつこい電話に対しても無視するのが得策かもしれません。最初のうちはまだ丁寧な口調かもしれませんし闇金の名を伏せて電話をかけてくるでしょうが、次第とエスカレートして言葉や語気を強めてまるで脅しともとれる口調に。自分の携帯電話・自宅にのみであったものが勤務先会社や身内にも害が及ぶ事も珍しくはありません。しかも、本人が払えないと知って友人や親類の番号など個人情報を聞き出す手口に絶対にのってはいけませんよ。もし、どうしても頻度が高くなってきたのならナンバーディスプレイなどで着信拒否登録するか、会話や留守番電話メッセージを録音して警察に証拠を突き出すのがいいかもしれません。

 

基本的に、法律に基づき「1日3回まで、17時以降の電話はNG」「借金を第三者に催促は違反」となっていますのでまずは強気でいることが望ましいでしょう。それでもお困りであればきちんとしたプロにお任せすれば安心ですね。

 

⇒闇金融対策・解決方法アドバイス