闇金融の年金暮らしや生活保護者の利用

闇金融の年金暮らしや生活保護者の利用について

子供の頃から一般常識のルールを教えてもらい、大人になっても物事の基本として役に立っていることも多いですよね。社会においても、公正な立場にするためのルールがあり、間違っていれば裁かれる事も。世にはびこる闇金は守らなければいけない法律無視で営業を行う不正なグループ。近年では、人々が安心して生活できる為の年金・生活保護にまで手が伸びてきているようです。

 

法外な年利と執拗な取り立てで債務者の精神までをも蝕む闇金融ですが、定年退職して暇な時間をパチンコや競馬、競艇などで一日の大半を費やすような高齢者をターゲットにする事もあるのだとか。しかも驚くべきなのが借り入れする側以外にも業者側として求められる人材にもなりうるようです。時間に余裕があり年金によって安定した金額が毎月分振り込まれるので貸金業としてはいい客なのでしょう。同様に、国の税金から賄われている生活保護においてもヤミ金はその存在を利用しています。実情は、生活保護世帯をみると働く気力がなく遊ぶ金が欲しい若者や外国人の申請が急増しているのが理由のようですね。楽な生活をして金欠になっても闇金融が助けてくれ、また国から一定額が振り込まれて返済に充てるという悪循環に。

 

年金手帳や生活保護費用を担保に貸し付けする事は横行していますが、根本的に見直さないと改善はされません。まずは債務者が闇金と手を切る解決方法を知り、きちんとした考え方を身に着けることが大切ではないでしょうか。着手金・相談無料で専門家とヤミから足を洗い胸を張って生きることのできる道を歩みましょう。

 

⇒闇金融対策・解決方法アドバイス