闇金融に支払ったお金を返金させる債務整理

闇金融に支払ったお金を返金させる債務整理について

世の中は一般的に“悪いもの”が存在しますが、実際になかなかゼロにはならない場合が多いのが現状のようです。闇金もそのひとつ。都道府県知事や財務局長の登録・許可が無いにも関わらず営業をするのは立派な違反ですし、届出を出来ないような高い金利を支払わせるのは有名ですよね。返済の為なら手段を選ばない闇金融に借り入れしてしまい日々苦しんでいるのなら債務整理を考えてみましょう。

 

闇金の解決に力を発揮するのは、「個人民事再生」・「自己破産」・「任意整理」・「特定調停」となります。個人民事再生とは、借金した人(債務者)が裁判所で申請をして借りた金額を一部減額してもらい残りを支払う方法です。「自己破産」は一番聞き覚えのある用語かもしれませんね。同じく地方裁判所で借金を全額免除してもらう制度ですが、免責が認められてはじめて確定となります。続いて「任意整理」ですが、裁判を利用せずに双方の話し合いのもと支払い分を決定するものとなります。過払い請求のような必要以上の返済分を清算できるのはこの方法でしょう。最後に「特定調停」ですが、簡易裁判所にて調停委員が間に入って返金額を話し合って解決する事です。

 

債務整理には様々な解決策がありますが、もちろん素人ではなくプロにサポートしてもらいながら進めるもの。しっかりとした司法書士などに任せれば失敗はありません。債務整理を依頼すれば闇金と直接戦うことはなくなりますので自分の身を守るだけでなく周囲の親しい人にも害が及ぶのを防げるでしょう。精神的負担が大きくなる前に闇金相談が必要ですね。

 

⇒闇金の無料相談窓口こちら!