闇金融と消費者金融(サラ金)の違い

闇金融と消費者金融(サラ金)の違いについて

経済が上手く回る理由は需要と供給が成り立っているからではないでしょうか。そのバランスが崩れるとどちらかが減少しなくなる可能性も考えられます。巷で問題視されている闇金も同様に、融資を受けたい人が求めるので芽を摘むことが困難なのです。リストラやボーナスカット物価の上昇などにより生活苦を味わう人が年々増加し、消費者金融(サラ金)で借り入れを繰り返す羽目に。そして、滞納し始めて“ブラックリスト”に載ると借金は闇金融に頼るしか道がなくなる場合も。しかし闇金を利用したくはないですよね。一体、同じ貸金業なのに違いはどこにあるのでしょう。

 

闇金とは、都道府県知事や財務局長の許可を得ることなく営業を内密に行っているいわば犯罪者集団。なぜ申請できないかというのは出資法での「上限金利29.2%」を上回る利息をつけて支払いを請求するから。しかも、取り立て方法が嫌がらせや電話攻撃・脅迫・暴力など手段を選ばないやり方なので違法に当たるのです。

 

消費者金融(サラ金)は、“サラリーマン金融”の略称で、お金に困る一般的な主婦やサラリーマンなど個人に貸し付けを行う貸金業者。ヤミ金との違いは、きちんと登録がなされ出資法の規定内で金利をつけているので法的には問題はありません。しかしながら、“手数料”などの名目で後乗せされるパターンもあるようですね。

 

闇金と消費者金融(サラ金)の違いは簡単に見分けがつけられないのが現状。他にスピーディかつ明朗会計で、しかも安心して返済出来る方法を選択する方が賢い人生を送れるはず。

 

⇒闇金の無料相談窓口こちら!