ソフト闇金融と闇金キャッシング

ソフト闇金融・闇金キャッシングについて

昔からスポーツ新聞やギャンブル・ピンク系雑誌などで貸金業者の広告を見た事がある人も多いと思います。街中でも公衆電話や電柱などにも“ブラックOK”“即日融資します”などの甘い文句がお金に困った人に手を差し伸べるかのような表現で誘います。それらはヤミ金だと認識している人もいるかもしれませんが近年増加傾向になるのがソフト闇金という存在。

 

一体、どのような違いがあるのかというと“ソフト”というだけあって対応・取り立てが脅迫めいたものではないというもの。そして、ソフト闇金(闇金キャッシング)は借金した人の悩みを聞いてあげたり滞納に対してジャンプをアドバイスしたりするようで形は違えど友達のような口調で接してくるようですね。なので、借入した人はそのフランクな言動から安心感を覚えて次々と借金してしまうのだとか。しかし、ソフト闇金融が一般的に言う闇金よりも借りやすい存在だと盲目になってしまいがちですが金利(年利)は法外な率なので要注意なのです。改正貸金業法で融資を受けられる上限が年収につき3分の1と改正・制限強化されたために正規業者がもう利用出来なくなった時に闇金キャッシングが助かるのでしょう。そのため、借りた分を返済するためにもらった給料を充填して、の繰り返しを行っていた多重債務者には消費者金融は申し込み不可なのです。

 

ソフト闇金であってもヤミ金であっても法の目をかいくぐり裏で営業を続けるずる賢さを持っています。しかも怖くない闇金キャッシングであろうと利息はまた別の話。真綿で首を絞めているようなものですので、きちんとした明朗会計・問題なく返済できる業者をお勧めします。

 

⇒闇金の無料相談窓口こちら!