闇金の取り立て恐怖とは

闇金の取り立て恐怖(闇金融の脅し・脅迫・嫌がらせ・暴力団)

昔から法の網をかいくぐって営業を続けるサラ金が裏社会では重宝されてきたようですが、その中でも内閣総理大臣(財務局)や都道府県知事登録の認可を受けていない状態で悪質な貸し付けを行う業者が闇金。

 

脅しの手口は様々で、契約者の弱みにつけ込む嫌がらせにその恐怖から自殺をしてしまう人もいるのだとか。よく言われるのが闇金融は暴力団が絡んでいる、ということ。ですので、どのようなやり方を使ってでも取り立てて執拗に脅迫し続けるわけです。例えば、ピザや寿司などの出前からはじまり宅配便などを装っての自宅訪問・消防車や救急車等の出動要請・勤務先への電話攻撃・保証人になっていない親類への取立て・本人への暴力など挙げればキリがありません。最近では高金利の返済が雪だるまのように膨れ上がって身動きのとれない女性は風俗に斡旋される怖いパターンも。

 

このように闇金融の暴力を列挙してみると怖さはピンからキリかもしれませんが、心身共にダメージを与えてくるので申し込みをする際は腹をくくる必要があるようです。しかし、闇金自体も脅しながらの取り立てどちらも違法。利用しないことが一番なのですがどうしても借金しなければならない際のヤミ金の脅しに苦悩の日々を過ごしているのであればもはや1人で決着はつけられないでしょう。きちんとした解決方法というものが世の中にはあるのです。“闇金の返済を新たに借入した闇金で何とかする”という無限のループを断ち切るためにプロに相談してみるのがいいですね。

 

⇒闇金の無料相談窓口こちら!